忍者ブログ

猶行殘月

自然、旅行、言語など。Vojaĝo, ekskurso, naturo, insekto, ligvo kaj aliaj.

ニューカレドニアで見た日本語

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ニューカレドニアで見た日本語

3月5日の深夜、Noumea の トントゥータ Tontouta 國際空港に到着。
日本との時差は+2時間。
日本より夜明けの早い國は初めて。

空港の案内を見ると、現地の公用語フランス語のほかに、英語と日本語で表示がなされている。



この後知ることになるのだが、意表外に日本語の表示を見かける。
明治期に日本からの移民が多かつたこととも關係するやうだが、現在でも現地の学校で第二外國語として學ばれてゐるらしい。
見かける日本人は専ら觀光客のやうだが、日本語のメニューが置いてある飮食店や、日本人向けの土産屋があるなど、日本語の經濟效果は侮れない樣子。
下手すれば臺灣よりも日本語を見かけるかもしれない。
町中で「オハヨーゴザイマス」「コンニチワ」と聲を掛けられると、澁い顔もつい綻んでしまふ。

とはいへ、生活の中心はフランス語。
英語が通じることも多かつたが、必ずしも全ての現地人が堪能な譯ではない。
第二外國語はとをの昔に忘れた筈だつたが、それでもフランス語を一度習つた身としてはなるべく英語を使はずに過ごしたい。
なけなしの知識を總動員してみれば、萬年初心者の實態が露はになるばかり。
いやあ、復習はするものですなあ。

    En Nov-Kaledonio, kies oficiala lingvo estas la franca, oni povas kelktempe vidi japanan lingvon skribita sur gvidinformo.  Oni ofte uzas la japanan kiel la trian lingvon por gvido, ne nur pro granda nombro da turistoj el Japanio, sed ankaŭ pro japandevenaj tieuloj, kies prapatroj enmigris por labori en nikelminejo en la fino de la 19-a jarcento.  Mi vidis preskaŭ neniun japandevenan en Nov-Kaledonio (sed japanajn turistojn), sed japana lingvo restas havi gravan rolon en ĉi-insulo.  Nov-Kaledonianoj nun povas lerni la lingvon en lernejo kiel la trian lingvon. 
    Kompreneble, tamen, la franca lingvo dominas Nov-Kaledonion, unu el transmaraj teritorioj de Francio.  Mi iam lernis la francan, sed ju pli mi alparolis iun france, des pli mi sentis min "eterna komencanto".  La angla lingvo, kiun ne ĉiuj tieuloj konas, faciligis min turismi senprobleme, kvankam mi estas Esperantisto.
PR

コメント

Profilo

Nomo:
libelido
Sekso:
非公開
Sinprezento:
旅好きの若造、京都在住。昆蟲、言語、古書などに興味がある。
Vojaĝemulo el Kioto, Japanio. Ŝatata temo: insektoj, lingvoj, brokantaj libroj ktp.

El novaj artikoloj

Reklamoj