忍者ブログ

猶行殘月

自然、旅行、言語など。Vojaĝo, ekskurso, naturo, insekto, ligvo kaj aliaj.

右車線

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

右車線

フランス領のニューカレドニアは、内地と同樣車道は右側通行。
道行く車は左ハンドルである。

旅の足をレンタカーに託した我々一行は、同時に自分の命を運轉手に預けたことになる。
國際免許を取得した某君と私の二人が、今囘の運轉手。
戸惑ひの原因が右車線にあるのか左ハンドルにあるのか分からないが、いづれにせよ左車線左ハンドルや右車線左ハンドルよりは遙かに樂だらう。
どうでもいいが、初ヒュンダイ。



交叉點が少なくラウンドアバウトが主であること、信號の高さがやたら低く車内から見づらいこと、歩行者が多い場所にハンプが設けられてゐることを踏まへた上で、慎重に運轉する。
ウィンカーとワイパーを間違へるお約束は何度かあつたが、最終的には大過なくやり過ごせた。
横斷歩道に歩行者がゐたら止まる車が多い土地柄、不慣れな狀態でも運轉しやすい所だと感じた。
右車線に慣れるためには、よい國だと思ふ。

冷や冷やしたのは郊外の110km制限(當然それ以上に飛ばす車が多い)ぐらゐだが、それも案外慣れてしまふ。
速度感覺が完全に痲痺してしまふのが恐ろしい。

    Ni elektis luatan aŭton por veturrimedo; sekve venis mia unua direktado de veturo dekstraflanka kaj stirrado maldekstraflanka.  Mi estis iom konfuzita por tuta malo de japanstilo, kaj fojfoje erare funkciigis viŝilon intencante ĝirindiki.  Malgraŭ la mala stilo de veturo Nov-Kaledonia trafiko sentigis ĝentilecon kaj mildecon al mi.  Finfine mi sukcesis veturi kun neniu problemo, do trankviliĝis je sekura vojaĝo.  Tio estis bona sperto por mi, kaj nun supozeble mi povas stiri aŭton en ajnaj landoj de dekstraflanka veturo.
PR

コメント

Profilo

Nomo:
libelido
Sekso:
非公開
Sinprezento:
旅好きの若造、京都在住。昆蟲、言語、古書などに興味がある。
Vojaĝemulo el Kioto, Japanio. Ŝatata temo: insektoj, lingvoj, brokantaj libroj ktp.

El novaj artikoloj

Reklamoj